「整理と収納レッスン」についてはコチラ→

 

食事づくりのスタイル変化、だから不要になったもの

勤めていた頃は、週末にできるだけたくさんの常備菜を準備していました。
特にたくさん仕込んでいたのが、野菜スープ。

残り野菜をぜーんぶ入れて、煮込んでおきます。
平日はそれを仕上げて、中華風、イタリアン、カレーやシチューにしたり、
なんとか1週間を乗り切ったものです。

その頃に活躍していたのが、大きなザル。

(左のですね)

切った野菜をどんどん入れながら水切り。
このザルからあふれるくらいの量を切ったこともしばしば…。

ところが、いまは時間があるので、常備菜をたくさん用意することもなくなり。
せいぜい、少し多めにつくったお惣菜を翌日にも食べる「リレー方式」くらい。

だからこの大きいザルの出番はすっかりなくなりました。

持っているザルは大中の2つ、ボウルも2つ。

このうち大きいザルはもうなくても良さそうです。
ということで、いったんキッチンから出して、様子を見ることにしました。

ザルとボウルはこんな風に引き出しに入れているので、
大きいザルがなくなれば、その分スペースにゆとりもできます。

スペースにゆとりがあれば、出し入れもしやすい♪

大きいザルは、収納グッズとして活用することにしました。

ライフスタイルの変化で、必要な持ち物って変わりますよね。

ブログ村テーマ
少ないモノで暮らす

ブログ村テーマ
収納・片付け

ブログ村テーマ
シンプルライフ

スポンサーリンク




ランキングに参加中です

応援クリックしてくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

*コメント欄は閉じていますが、「contact」又はInstagramへコメントをどうぞ。