「整理と収納レッスン」についてはコチラ→

 

「無しにする」という選択

我が家のバスルーム。

特に特徴はない、既製のユニットバスです。

でも…。
「普通ならたいていあるもの」が、ないことにお気付きでしょうか?

ハイ、鏡がないのです。

標準仕様で鏡がついていました。
それを、あえて「無し」にしてもらったんです。

バスルームに鏡がついていると、それを掃除しなきゃいけない。
しかも、水垢がたまったりして、面倒なんですよね。

私は近視が強いので、どうせ鏡があったって見えません。
夫の髭剃りや私の顔剃り用には、手鏡を置いています。

その手鏡も掃除しますが、100均の手鏡なので、
あまりに汚れがひどくなったら、交換しちゃいます。

もうひとつ、標準仕様で付いていたものを無くしました。

それは、シャンプーなどを置く小物入れ(?)です。

こういうものも、掃除が面倒。
そして、デザインも気に入りませんでした。

シャンプー類は、少し高くなっている台のところに置いています。
私にはこの方が掃除がラクなのです。

発注したとき「標準で付いているものをいらないと言われたのは初めて」と
珍しがられました。

「せっかく付いているんだから、付けないともったいない」と思わずに、
後々のメンテナンスのために、あえて付けないという選択もアリかな、
と思うのです。

スポンサーリンク




ランキングに参加中です

応援クリックしてくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

*コメント欄は閉じていますが、「contact」又はInstagramへコメントをどうぞ。

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By linen

    utakoさん、こんにちはー。
    工務店さんも驚く、珍しい発注みたいでしたよ~(^^)v
    ほんと、お風呂、トイレ、キッチン、洗面、こういう場所は、
    余計なものがないと掃除がラクですもんね。
    ちなみに、キッチンも既製のものは(当時は)あれこれ付いていたので、
    結局オリジナルにしちゃったんです~。

  2. By utako

    おー、さすがlinenさん。お風呂の鏡をなくすという考えはなかったなぁ。
    まぁわが家は建て売りだったから付いていたけれど、次はいらないかも…。
    お風呂の鏡って、見ないんですよね(笑)
    標準ってなんであんなに色々付いているんでしょうね!?
    シンプルな箱のようなお風呂なら掃除も楽でしょうね。