久しぶりに、本を買う

ここのところ週末の雨が続いていますね。
しかもまた、台風…。

災害の心配もあるし、いい季節に行楽地が閑散としちゃったり、
日照不足で作物の生育に影響も出たりで、本当に困ります。

読書の秋、だからというわけでもないけれど、
久しぶりに本を買いました。

退職後に、図書館に行ける時間ができたのが嬉しくて、
ウォーキングも兼ねて一駅隣にある図書館まで歩いて行っていました。

そのウォーキングタイムが、犬の散歩に変わっちゃって、
最近はすっかり図書館もご無沙汰。

そして、私がソファで本なんか読んでいると、
ルークは「この人ヒマそうだな」と見て、「遊べ遊べ」とからんできます。

そんなわけで、こんな↑写真は撮っているけど、
実際には本をゆっくり読めるのは、就寝前の1時間ほど。

夜9時頃には、スマホの電源を切り、読書タイムに切り替えます。
(就寝時間は、9時半とかいう日も…ハハ…もう年寄りだね)

久しぶりに買った本は、コレ。

江戸時代の話、大好き。

藤沢周平、池波正太郎、山本周五郎、平岩弓枝の作品は、
たぶんほとんど読みました。

教科書に出てくるような偉人じゃなくて、
裏店に暮らす人々、浪人や下級武士、上級武士でも上司の理不尽さに悩む人々…
そんな普通の人が登場する作品が好きです。

買った本も、タイトルには「家康」の名が入っていますが、
主役は名もない中間管理職たち。

自分の代では完成しない壮大な街づくりを、理想と信念を持って
進めた姿に惹かれます。

東京の馴染みの地名がたくさん出てくるのも、楽しい。

余談ですが、私の両親は地域の読書会で知り合った仲だとか…。
その“血”と環境のおかげで、本の虫になったのね。

「パーソナル収納アドバイス」やってます♪

スポンサーリンク




応援ポチッ↓とお願いします♪