新築だけどリフォーム 犬と暮らすための工夫

暮らしながらのリフォームの様子をご紹介してきましたが、
「家の中編」はこれで最後です。

犬と暮らしていると、いろいろ解決しなきゃならない“問題”が
出てくるもので…。

まずは扉。

リビングの扉を出ると、すぐ玄関になっているので、
ルークが外に飛び出さないようにする必要がありました。

いままではとりりあえず小さな柵を置いてましたが、
しっかりした安全対策をとっておきたいです。

そこで、リビングの扉を開けたところに、もうひとつ扉を設置。

納戸の扉を外したので、それを再利用したんです。

これで二重扉になり、かなり安心です。
さらにこれから外構工事でフェンスと門扉で敷地を囲むから、
脱出の心配はだいぶ軽減されるはず。

そして、キッチンにも扉を。

スイングドアを設置しました。

キッチンにはルークは立ち入り禁止。
作業中に足元に来て、気づかなかったら危ないですからね。
(ルークは気配もなく忍び寄ってくる…笑)

それに、犬が口にすると危険な食材(玉ねぎとか)が落ちたりして、
食べちゃったら大変。命にかかわります。

そんなわけで、前の家では柵を置いただけでしたが、
人間の出入りも楽にしたいので、ドアを付けました。

それから、インターホンの移設。

普通にリビング付いていたインターホンですが、
「ピンポーン」と鳴ると、ルークが激しく吠えます。

ちっちゃいワンコならたいしたことはないんでしょうが、
ルークの吠え声はすごいボリューム。

相手の声なんかちっとも聞こえない。
だから、セールスにうっかり出ちゃったりも…。

で、脱衣室に移設して、受け答えを扉を閉めてできるようにしました。
これはなかなか成功だったと思います。

どれも小さいことですが、犬との暮らしに必要な工夫。
私たちもだいぶ安心でき、楽にもなっています。

ブログ村テーマ
家づくりを楽しもう!

ブログ村テーマ
犬と暮らす

ブログ村テーマ
シンプルライフ

「パーソナル収納アドバイス」やってます♪

スポンサーリンク




応援ポチッ↓とお願いします♪