たぶん一生つきあう本

一時は何百冊とあった本、何年もかけてだいぶ手放しました。

引っ越すとは思ってなかったけど、
結果的に作業も楽だったし、小さい本棚に収まりました。

手元に残す基準は「何回も読み返す本」と「記念に持っていたい本」。

中学生の頃から愛読しているアガサ・クリスティー、
一番多いときは80冊を超えてました!

でも、好きなクリスティーの作品の中でも、好きで何度も読みたいものと、
好みじゃないものとがあって、取捨選択して減らしました。

話題のウッドハウス(「ジーヴズ」のシリーズの作者)も、
結構読み返してます。

まだ文庫化されていない作品、
このトレンドにのって発売されないかなぁ~。

一番大好きな作家、藤沢周平。
エッセイをのぞけば、たぶんほとんど持っています。

どの作品も5回、10回と読んでいます。
何度目でも素晴らしいし、しみじみと味わえるものばかり。

そんな一生つきあいたい本を手元に残して。

知らない本に出会いたいときは、近くの図書館でいまは充分です。

ブログ村テーマ
シンプルライフ

ブログ村テーマ
暮らしを楽しむ

follow us in feedly

応援ポチッと ↓ お願いします!ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
にほんブログ村