キッチン収納 もう常識は無視!

キッチン収納、もっと使いやすくしたいーと、
どんだけ見直してきたことか…。

私の苦悩の歴史は ↓ 
[キッチン収納 あえて常識の逆にしてみる]
[まだ“常識”にとらわれてたキッチン収納]

使いにくさを感じるのは、夫とふたりでキッチンに立つとき。

シンクやコンロ前に立つと、
足元の引き出しからモノを取り出すとき、いちいち「どいて」ってなる…。

これを解消すべく、「コンロの下には鍋など」っていう“常識”も、
「浅い引き出しにラップ類を」っていう“常識”も捨てたわけですが。

まだまだ使いにくくて、ついに常識完全無視の見直しをしました。

システムキッチンの収納スペースには、
調理に必要なものは(基本)置かないっ!

…です。

鍋、フライパン、ボウルなどを食器棚に移しました。

シンクの足元の引き出し ↑ には、
食器棚には入らない大物の調理器具と、保存容器などを。

炊飯器とフープロは調理の前に出しておけるし、
バーミキュラ鍋はたまの出番だから、まあなんとか。

こちらはコンロ下の引き出し ↑

調理中は出さないモノばかり。
保存食をしまいました。

あまりに常識無視すぎて、自分でもまだ「えーとどこだっけ?」と
なりますが、動線は結構イイです。

考えてみれば、前の家を建てたときの考え方が…。

手前のシンク側には収納はなく、背面にモノを集中させたつくりだった。
(エクセルで自分で図面を描いて設計してもらったの~)

これが動きやすいと思ってつくったわけだもんね。
早く思い出せば良かった。

それでもまだ、見直しは続きそうだなぁ。
収納にゴールなし、ですよね。
 

follow us in feedly

応援ポチッと ↓ お願いします!ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク