柴犬ルークの“異変”②

ルークの最近の困った状況について書いています。
前回の記事[柴犬ルークの“異変”①]

ルークがいままでにないような激しい吠え方をしたり、
咬みついたりしたので、避けるように気をつけ始めました。

長時間噛むような豚のミミなどのおやつと、
ひとりで熱中するオモチャは与えないことに。

ところが、ドッグトレーナーさんの言う「所有欲」の範囲が
広がってきたのです。

先月のこと。

私がテーブルで新聞を読んでいる間、
大好きなヨーグルトをあげていました。

で、新聞を読み終えて私が立ち上がると、
ルークが急にバッと飛びかかってきました。

こういうことも初めてだったのでびっくりです。
食べ終わっていたけれど、ヨーグルトを守ろうとした感じです。

この後の数日間は、緊張状態が続きました。

私もいつ飛びつかれるか、吠えられるかと怖くなり、
何かあっては柵で閉じ込めるという2、3日間でした。

夫も同じように“被害”に遭い、
長時間一緒に過ごす私は緊張しっぱなし。
その緊張がルークにも伝わり、ますます不安定になってきました。

その3日間くらいでとても耐えられずに、
またドッグトレーナーさんに相談しました。

すると返ってきたのは「深刻な状態なので専門医に相談した方がいい」
というアドバイスだったのです。

私たちは訓練のし直しか、注意点を教えてもらえればいいかな、
という程度の認識でしたが、どうもこれは「攻撃行動」という、
犬の問題行動のひとつだったようでした。

follow us in feedly

応援ポチッと ↓ お願いします!ありがとうございます♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーリンク